塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

韓国からの便り

昨日は 本当に 嬉しいことがありました
韓国の友人から 電話が あったのです
17年ぶりに 話しをしました
彼とは まだ 私が 新入社員の頃 出会いました
入社2年目の私が 社命により 韓国に行って 市場調査をするよう 命ぜられたのです
自社で 海外進出するのは リスクが 高すぎるということで
商社を間に入れ 韓国の 食品メーカーと 組むことになりました
私と 丸紅の韓国人の梁(やん)部長さん そして 食品メーカの 南(なむ)さんと 辛(しん)さん
このメンバーで 韓国を 1ヶ月間 いろんなところを 調査しました
お酒好きで ムードメーカーの梁部長
沈着冷静な辛さん 明るく元気そして日本語の話せる南さん
今思えば 最強の メンバーでした
そして 昨日 電話を かけてきたのが 南さんです
当然私たちは 合弁会社が出来て 将来 韓国に お弁当屋さんが
どんどん 出来ていく事を 夢見ていました
まだまだ 血気盛んな 年頃でした
そして 飲めばいつも 将来の夢を 語っていました
しかし そのプロジェクトも どんどん長引き なかなか 結論が出ません
独身だった 私も 結婚し そして 子供まで 生まれたのですが
それでも 結論は 出ませんでした
そして いよいよ ことは大きく動き 社内では 韓国に行く 責任者が決まり
そして その責任者の送別会も 行われました
誰もが 韓国事業の スタートを 疑いませんでした
しかし なんと その後 会長の一声で 中止となりました
本当に残念でした
最後に 南さんと 辛さんが 我が家に 遊びに来ました
南さんが 言いました「初めて3人が出会った時は 米森さんも 独身だったのに 今は 子供がいます」
この言葉が なぜか 今までの いろんな事を 思い出させてくれたのを
今でも はっきりと 覚えています
それが 最後の 別れでした
その後は 私も 部署を移動し 連絡が 途切れていました
それから 韓国は 大不況になり 連絡がつかなくなっていました
あれから 17年 いろんな事がありましたが 私は 自営業者として独立し
南さんは コンサルタントとして 頑張っているようです
電話で 南さんが 言った「文香ちゃんは元気ですか?」という 一言に 感動しました
私の子供の名前を 今でも 覚えていてくれたんだと
早く 会う チャンスが 巡ってくればいいのですが・・・・・

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 
韓国に 遊びに行くことを 目標に 頑張りたいと思います
紙に書いて 念じると いろんな 願いが 叶ってきています
今度は 韓国行きを 紙に 書こうかなあ~
幸せな宝地図であなたの夢がかなう

  • コメント ( 3 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. individual.investor

    ブログ更新お疲れさまでございまする。
    9月16日(水曜日)の東京株式市場の後場は、一時上げ幅広げるも利益確定売りに押され日経平均伸び悩み。
    <日経平均終値> 10,270.77 +53.15
    ランクリ応援、クリック協力、感謝でござるm(_ _)m
    またぜひ拙者のブログに遊びに来てくだされm(_ _)m
    では、また。(^^)/~~

  2. 横尾けいすけ

    野望、満々だった頃も有ったのですね!
    素晴らしいことです。若々しい野望ってGoodなのです。
    韓国には近々 必ず行けるでしょう。 いや 行くべきです。
    何かが展開しそうな気配を感じます!

  3. (カメ)

    横尾けいすけさん
    こんばんは^^
    >野望、満々だった頃も有ったのですね!
    懐かしいです
    今でも結構野望はあるのですが表面には出していません^^
    >何かが展開しそうな気配を感じます!
    そうなればうれしいですね
    最近美味しそう話が多いので楽しみです^^
    書き込みありがとうございます♪♪

関連記事

新着記事