塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

戦争経験者の話の重みに心を打たれました!!

私は元自衛官なのですが、恥ずかしながら当時は全く歴史に興味が持てず、戦時中の話や本にも全く興味がありませんでした。 自衛官時代は幾度となく、一部の心無い国民の方の自衛隊批判等にさらされたことはあったのですが、それはそれと割り切って当時はすごしていた記憶しかありません。 最近は違った意味で歴史に興味を持ち戦時中の話や本などに興味を持つようになって来ました。 そんな中、知人に勧められて目を通したのがこの本です。 戦争に関してはいろんな意見があると思います。いろんな人がいろんなことを言っていますが、真実を知るという意味で是非この本は読んで欲しいと思いました。 特に太平洋戦争についてはみなさんの思うところは、とても多種多様で多岐にわたるとおもいます。 私個人は「始めるべきではなかった戦争」であったと思うのです。しかし、そのことはさておき、この戦争の中で、多くの素晴らしい男たちが立派に戦って亡くなっていったというのは紛れもない事実です。 彼らの死は決して無駄ではなく、その美しい心意気が、今日の日本の繁栄を築いたのだと思えてきました。 この本を読むと軽々しく戦争の事を口にできないと感じました。 それほど素晴らしい本です。

【送料無料】軍艦「矢矧」海戦記

本書の主人公池田武邦氏は、超高層ビル群の設計を手がけた著名な建築家です。あのハウステンボスの設計もこの方がなさったそうです。 戦後の日本の復興に大きく貢献なさった方なのです。 戦争中は兵学校卒の士官として軽巡洋艦矢矧に乗り組み、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦、沖縄海上特攻に従軍されました。 この体験記の中に出てくる男たちは本当の男なのです。 自分を捨てて祖国のために家族のために命を懸けているのです。 ここに出てくる友情には微塵の偽りもありません。 出会いと別れ、そしてそこで交わされる言葉の重みをずっしりと感じることができます。 池田氏は、戦後一変した教育により戦争の是非だけでなく、戦争に参加した人たちの心意気までもが否定されたような気がしたのでしょう。 ですからその後、貝のように口をつぐんだと言います。 最愛の息子までが教員になって戦争批判をするのです。 どんなにつらかったことでしょう。 しかし、最後に洋上慰霊祭で息子が父の偉大さに気が付くのです。 そのシーンには本当に胸を打たれました。 今、池田氏がこのことを本になさったのには大きな意味があると感じました。 日本人が忘れかけているもの・・・・ 自己を犠牲にしてまでも志を遂行する心意気 男とはこういうものだという魂を揺さぶる一冊です。

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事