塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

  • HOME
  • ブログ
  • これからの個別指導塾は講師の質(労働環境、研修)で差がつきます。

これからの個別指導塾は講師の質(労働環境、研修)で差がつきます。

2016 糸島学習塾YES 前原駅前校 何事も最初が肝心!!

~スタートダッシュで差をつけろ~

慌ただしいこの時期こそしっかりと目標を決めて地道な努力をしましょう!!

「入会の前に、YESの授業を受けてみたい!」と言う方のために、
1ヶ月(4回分)無料キャンペーンを実施いたします。

ご希望の方は、教室までお気軽にお問合せ下さい。
また、教室の前にはパンフレットがございます。
こちらもご自由にお持ち帰りください。

- - - - - - - - ― - - - - - - -

福岡県糸島市で、小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

こんにちは。
塾長の米森です。

東京の勉強会に行ってきました。

今回のテーマは労務問題です。

今、塾業界は大手個別指導塾がブラック企業として有名になってしまった関係上、全体がブラック企業として学生達から経営されるという非常に厳しい環境にあります。

でも、これは本当に残念なことです。

20140312米森真一29

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、塾でのアルバイトは学生にとってとても貴重な体験が出来る職種だと考えています。

何故なら、塾のアルバイトは数ある職種の中でマネージメントが学べる数少ないアルバイトなのです。

今は就職活動が厳しいと言われていますが、企業はどんな人を社員にしたいのでしょうか?

それは将来の幹部候補、マネージメントのできる人材なのです。

学生までは自分で頑張ればそれで結果が出ます。

しかし、社会に出るとそれだけではダメなのです。

人と関わってその人に結果を出させる人材が求められるのです。

部長一人が頑張っても駄目なんです。

部員一人一人が頑張って結果を出すからこそ部としての結果が上がるのです。

そのためには人に結果を出させる仕事に取り組む必要があります。

そのための数少ないアルバイトが塾なのです。

塾も先生だけが頑張っても全く結果は出ません。

生徒が頑張るように先生が関わることが要求されるのです。

ですから、学生たちには是非塾でバイトをして欲しいのですが、このような結果になってとても残念でなりません。

これから、塾業界は汚名を返上して素晴らしい労働環境を提供すべく精進すべきでしょう。

IMG_29682-1024x682

 

 

 

 

 

 

糸島はまだまだ九州大学があるのでほかの地区に比べると人手不足感はありませんが、年々講師採用の厳しさが増してきています。

以前は募集をすると面接が忙しくて仕方がないという状態だったのですが最近は反応が薄くなってきています。

YESが開業した時、前原駅前近辺は個別指導塾はマイスクールさんと明光義塾さんぐらいだったのですが、最近ではトライさんやネッツさんスタンダードさんにナビ個別指導学院さん、中央学館さん、そして大手の集団塾、英進館さんや秀英予備校さん全教研さんもそれぞれ個別部門をパスカルさん秀英PAS(パス)さんというブランドでやっておいでです。全教研さんは別ブランドではありませんが個別部門をお持ちです。

このように個別指導塾がどんどん増えてきているので学生アルバイトの需要が多くなり過ぎて供給が追い付いていないというのが現状ではないでしょうか?

私は、これからの時代は人材をどれだけ確保できるか?そして育成できるのか?そこにすべてがかかっているように思います。

そのための勉強会に参加してきました。

素晴らしい経営をしている塾ほど人材に多くの投資をなさっています。

YESでもやはり一番大切なのは人です。

そのためにも教育に対する投資は惜しみなく注いでいきたいと思います。

これからは人財格差が企業格差になるなる時代です。

みなさんこれからのYESにご期待ください(^^)/

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校 筑紫女学園中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

糸島学習塾YES 前原駅前校

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事