塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

高校選択について考える

仕事柄 進路について 相談されることが 多いのですが

大学入試は 本人次第なので 高校は あまり 関係ないのでは?

ということを 良く 耳にします

確かに 最終的には そうなのですが

それでは 何故 みんなが 難関校を 目指すのでしょうか?

私も少なからず これに 似たような 考えを 持っていた 時期もあります

本人次第というのは 決して 間違っていません

しかし 今は 違います

やはり 高い 目標に 向かうことが 重要だと 考えています

私の塾のある 福岡の 第6学区には 修猷館高校(偏差値68)

筑前高校(偏差値59)糸島高校(偏差値45)という 進学校が あります

修猷館高校は 東大をはじめ 九州大学に 105名の 合格者を 出しています

筑前高校は 国公立68名中 九州大学は4名 私立では

西南学院大学に 116名の 合格者を出しています

糸島高校は 国公立大学10名中 九州大学は1名 私立では

西南学院大学18名 福岡大学42名の 合格者を 出しています

このように 見ると 確かに 本人次第で どうにかなるのだ

という事も 言えなくは ないのですが 現実は かなり 異なってきます

我が塾の 講師には 糸島高校から 国立大学に 合格した 講師もいますし

現役の 糸島高校の 生徒もいるので いろんな 情報が 入ってきます

講師の話で は糸島高校から 国立大学を 目指すためには

余程 自分を 律する 事が 出来なければ 合格は 難しい と言います

なぜならば 就職する生徒も多く 勉強モードに なかなかならないのだそうです

春に 部活を引退しても 勉強モードになるどころか

バイトを はじめる 生徒が 多いのも事実です

日本人は 周りの人と 足並みを 揃えるという 性質を 持っています

日本人が 良しとする 協調性のある 生徒に限って 周りに 流されていくのです

私は 生徒達に「下位校ではガリ勉君にならないと目指す大学には行けないよ」

「なれる?」と言っています

そのような 話しをすると 少し イメージを わかってくれる ような気がしています

上位校では みんなと 普通に部活をし 遊びながら 目標の大学を 目指すことが出来るのです

当然 上位校ほど 勉強モードに なるのも早いので 結果的には 頑張っているのですが

みんなが 頑張っているので 苦にならない ということです

環境は お金では 買えないとは 言いますが

最近 つくづく 実感しています

この頃は 高卒の就職が 厳しいため 工業高校や 農業高校でも

大学進学を サポートするところも 出てきています

保護者によっては 専門的な 学校でも 大学に行けると

信じている方も いらしゃいますが

それが どんなに 大変なのかは 想像できると 思います

大学に 行きたいのであれば 早めに 頑張るという 意味でも

良い 環境を 得る という意味でも

上位校を 目指した方が いろんな意味で 有利なのです

***********************************

My mission    成功の お手伝いを とおして

共に学び 共に 成功体験を 共有すること

***********************************

 

最近 ジュースを飲んで 走るのが 習慣に なってきましたФ

今年の目標は ハーフマラソン 完走なのですが

この調子なら 達成 できそうです

気を 抜かないように 頑張りま~す^^

 

 

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校 福岡大学付属大濠高校

糸島高校 若葉高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事