塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

プーチン首相のイメージ

みなさんは プーチン首相について どのような イメージをもたれていますか?

私の抱いていた プーチン首相の イメージは 冷たい・頑固・ケチという イメージで あまり 良い印象は ありませんでした

これは 私の勝手な 想像でしかないのですが 北方領土問題での 対応に 日本人として

私の感情が そのような イメージを 勝手に作ってしまっていたのだと 思います

みなさんの中にも 私と同じような イメージを  持たれていらっしゃる方も 多いと 思います

今日は そのイメージを 覆す メルマガを 見たので 紹介します

これは私が 会員になっている NPO法人  ネットワーク地球村の メルマガから 引用しました

以下引用開始

---------------------------------

「プーチン首相と会って」          ネットワーク『地球村』代表 高木善之

ニュースで報道されましたが、5月にロシアのプーチン首相が来日、 麻生総理とエネルギー問題、北方領土などについて会談し、 そのあと異例のことですが、ある出版記念式典に出席されました。 それは、山下泰裕さん(1984年オリンピック柔道金メダリスト) が理事長をつとめるNPO法人 柔道教育ソリダリティーが主催した、 『プーチンと柔道の心』(プーチンほか著、山下泰裕ほか編)の 出版記念式典でした。山下さんは『地球村』の理事、私も山下さんの NPOの理事をさせていただいているので、私も式典に招待されたのです。 プーチン首相は、実質的には、メドヴェージェフ大統領以上に 国民の支持を受けている権力者ですから、日本の警備セキュリティは 最高レベルでした。 会場のホテル近辺は、警察車両、パトカー、装甲車が無数に並べられ、 数千名の警官が配備され威圧感を与えていました。まるで戒厳令下の 様相でした。 招待客は政界、財界、出版界の名士50名。 身分証明も必要ですし、いろいろ手続きが大変でした。 プーチン首相は1時間遅れで現れました。 身長170センチ弱。体重60キロくらい。 「柔道で鍛え抜いた肉体」と伝えられていますが、むしろ痩せている という印象。姿勢はいいのですが、立ち姿は少し傾いていて、 気の弱そうなおとなしそうな感じ。 山下さんや東海大学の学長の挨拶の間、礼儀正しい態度で耳を傾けて いました。 出版記念の本『プーチンと柔道の心』は、プーチンさんが大統領に なる前に書いた柔道関係の本が、今回、日本で山下さんらによって編集、 出版されました。 ・山下さんの挨拶と本の贈呈 ・東海大学の学長の挨拶と、名誉博士号の贈呈 プーチン首相は、控えめな態度でそれらを受け取ったあと、 スピーチをしました。声は驚くほど小さく、おだやかでした。 内容は、大げさでもなく、装飾もなく、誠意あるスピーチでした。 この人が8年間、大国ロシアの大統領をつとめ、経済崩壊したロシアを 再生し、ロシアの国際的な地位を取り戻し、アメリカのブッシュ大統領 の独走をけん制したとは、信じられない気持ちでした。 しかし、国民の大部分から尊敬され支持され、いまも大統領以上に 期待されていることが、よく分かるような気がしました。 ★プーチンさんのスピーチ ここに招待され、自分の本が翻訳され出版されたこと、博士号をいただいた ことは、すべて予想もしない出来事でした。心より感謝申し上げます。 私の今日があるのは、柔道のおかげです。 私は若い時は、皆さんには想像もつかないかもしれませんが、家庭は 豊かではなく、世の中に不満を持ち、町でうろついていました。 自分を強く見せようとして、ボクシングやレスリングを習い、 最後に柔道に巡り合いました。 そこで、私は、礼儀作法、柔道の精神、武道の心、日本の精神を学びました。 私は大きく変わりました。 それまでの私は短気で、すぐにカッとしましたが、それが無駄なことだと 知りました。 自分を抑えること、コントロールすることを覚えました。 それが、今の私を大いに助けてくれています。 じっくり物事を考え、判断することを学びました。 相手の力を利用して相手を倒すという柔道の精神も、大いに役立っています。 そして、力は平和のために使うということも学びました。 私は、世界の平和、みんなの幸せにこそ、貢献したいと思います。 穏やかに語り終えると、静かに演壇を降りました。 大きな拍手が鳴りやみませんでした。 私は、「世界は平和になる可能性がある!」と思いました。 プーチンさんのスピーチは本音だと思います。その思いが伝わってきました。 言葉やゼスチャーや演出だけで、できることではありません。 これは、本音(本当の言葉)、本気(本当の気持ち)だと思います。 この日、とてもハードなスケジュールをこなし、かなりお疲れのようでした。 予定の時間を1時間以上遅れ、到着は22時でした。 それでも、これだけの誠意ある態度と言葉を残し、 そこにいたほとんどの人を魅了しました。私も感動しました。 「ロシア首相を褒めるなんてけしからん」と思う人がいるかもしれませんが、 私は褒めているのではなく、実際にプーチンさんに会った印象を書いたのです。 プーチンさんに会った人は多くはないと思いますが、実際に会った人、 交流している人の多くは、これまでのマスコミ情報とは違う印象、 違う人物象を伝えています。 マスコミ情報や一部の情報だけでは、間違いが多いと実感しました。

---------------------------------

以上引用終了

先入観というものは とても 怖いものです

自分の目で 見たこともない人のことが  そう簡単に わかるものでは ありませんよね

もっと広い視野を持ちたいと このメルマガ読んで 思いました

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 横尾けいすけ

    プーチンさんもロシア国家自体も 対立ばかりでは上手く行かない事を理解されてきたのではないでしょうか。
    元々、芸術やスポーツ、そして文学など、文化の高い民族ですね。
    仲良くしたいですね。

  2. (カメ)

    横尾けいすけさん
    こんにちは(^^)/
    >仲良くしたいですね。
    そうですね!!
    相手に期待するだけではなく自分から歩み寄ることも重要ですね
    もっとロシアについても学ぶ必要性があるようです
    それにしても自分がどれだけ自分の先入観で物を見ているのか
    考えただけでもゾッとしますね
    当たり前と言えば当たり前なのですが対等なコミュニケーションは
    とても成り立たないくらいじぶんの色眼鏡で物を見ていることに気が付きました
    コミュニケーションは奥が深いですね
    書き込みありがとうございます♪♪

関連記事

新着記事