塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

高校で1番になるのはなぜ簡単なのか?

一昨日の記事で中学で1番になるよりも

高校で1番になる方が簡単という記事を書いたのですが

これに関して何故ですか?

というコメントがありましたので

これに関して解説したいと思います

説明を加えますがこれに関しては

最上位校を除くという条件が加わります

通常公立の中学というのは偏差値25くらいの生徒から

偏差値72くらいの生徒まで非常に広い学力範囲の中に

5クラスであれば200人の生徒が分布しています

私が住んでいる第7学区では 修猷館68以上

城南64以上 筑前59以上と上位3校はなっています

高校は中学が縦に広く分布するのに対し

入学時点では横に広く分布します

つまり筑前高校では偏差値59~63の間に大多数の生徒が分布し

それ以上の生徒はかなり少数派になります

当然偏差値59以下の生徒は入学できませんからいません

しかも偏差値70を越えるような生徒はトップ校に行くわけです

中学ではトップになるためには偏差値72以上をとる必要性はありますが

筑前高校では66ぐらいがトップクラスの学力なのではないかと思います

中学の時に偏差値59の生徒が頑張って偏差値63になりました

学年順位は30番から15番になります

しかし高校では同じく偏差値59から偏差値63になりました

するとどうでしょう?

学年順位は360番から30番に上がります

それぐらい僅差の勝負になるということです

しかし、この分布はあくまでも最初の話

テストが繰り返される中で上位の子はさらに頑張り

偏差値63が偏差値64・・・65とアップし

下位の子はやり気を失い偏差値59が55・・・50・・・45と

下がっていきますよって筑前高校から九大に進学するものもいれば

修猷館でも九大は夢となるケースもあるのです

ここで問題なのは上位の伸びよりも

下位の落ち込みが大きいという点です

なぜなら偏差値59の生徒は中学では50番くらいで

下に150人もの生徒がいるものです

しかし高校にはそれ以下の生徒はいませんから

400人中390番というような経験したことも無いような

惨めな結果に愕然とするのです

優秀な働き蜂は全体の1割といいますが

優秀な働き蜂を集めても1割しか活躍せず残りの9割は怠けるそうです

これと同じような現象が高校においても起こります

私の実体験にも基づいているので間違いありません(笑)

私は佐世保北校という田舎の高校に入学したのです

田舎の高校なので福岡のようにレベル別に

いろんな高校が選べる時代ではなかったのですが

その当時入学時の結果は非常によく16番と先生には言われました

しかしラグビー部に所属し部活にはまっていたら

あっという間に100番台

高校では学習内容も変わるので

自分は高校の勉強には向いていないのかと

あきらめムードになっていました

今改めてこのようなからくりを知っていればあきらめることは

無かったのでしょうが当時は真剣に悩んでいました

というわけで高校は中学とは違いある程度

レベル別に層分けされていますから

今まで中学で10人追い越す努力をすれば高校では

単純に50人から100人追い越すことになるでしょう

しかし逆もあり得ると言うことです

ですから最初につまずけばモチベーションが下がるので

ここで踏ん張りみんなが精神的に不安定で怠ける

この時期に頑張れば高校で生まれ変わることも可能だと考えます

長くなってしまいましたがこれが

中学よりも高校の方が1番を取りやすい理由です

当然 修猷館の様なトップ校は学区全体から

トップクラスの生徒が集まってくるので

この記事の内容には当てはまらないことは

お分かりいただけると思います

ですから高校生活では最初が肝心

最初で上位を取ればモチベーションアップに繋がるし

下位になってモチベーションががた落ちしないように

仮に落ちたとしてもこのブログを見て

実はまだちょっとしか差が無いんだ

頑張れば何とかなるんだと気合を入れて

決して私のようにあきらめないで欲しいのです

それどころか上位に入ることは

決して難しくないと信じて欲しいと思います♪♪

最近真夏日が続いています

汗をかきますので水分補給を怠らないようにしましょう

「健康」とは何か?

「健康」とは「病気でない」ことではありません

朝晩までエネルギッシュに仕事をしてそれでも疲れないこと

常にやる気に満ち溢れている状態のことだそうです

これは


成功の9ステップ

でジェームススキナー氏が書かれていたことなのですが

その中で1日に必要な水分は5リットルと書いてありました

今挑戦していて 水で2.5リットルくらいは飲んでいるのですが

結構高いハードルです

それぐらいの飲めば老廃物が体外に排泄されるのだそうです^^

しかし最近は汗が出てたまりません^^

ジェームスさんどうしているんですか?

 

 

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校 福岡大学付属大濠高校

糸島高校 若葉高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 5 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 神風スズキ

    高校では学ぶ内容のレベルが
    相当アップしますから
    少しさぼると取り返しがつきません。
    又、恋愛やスポーツが大人感覚に
    なりますので、純粋な中学生時代と
    大きく異なります。
    真面目なコツコツ型の生徒が上位に来ます。
    性格が大きく左右するのが高校の成績ですね。
    そういう観点から見ると
    高校でトップクラスになるのは
    容易かもね。
    一部の生徒しか熱心でありませんので。
    亀には勝てませんね。
    GATTS !

  2. 横尾けいすけ

    なるほど、理解出来ました。
    というか、このからくりを理解するのに40年以上掛かってしまいました。
    高校生の時にこの“事実”を知った方はラッキーですね!
    さて、暑い夏はガンガン汗をかいて良いのです。
    2.5リットル飲んだら2.5リットルの汗をかくのが正解です。
    ピッチャーの工藤さんや大魔神さんなど、大汗かきは体の調子が良いのです。
    でも、スポーツ選手でない我々が一番困るのは汗の処理。
    そのままでは見苦しいですし、冷えてしまいます。
    わたくしは、バックに換えのシャツを三枚持ち歩いています。
    ドンドン着替えてしまうのです。
    考えれば学生さんも同じように大汗をかいています。
    でも、さわやかな汗です。全く不快ではありません。
    常日頃、大汗をかいていると。汗がサラサラになるのです。

  3. (カメ)

    神風スズキさん
    おはようございます
    >又、恋愛やスポーツが大人感覚に
    >なりますので、純粋な中学生時代と
    >大きく異なります。
    >真面目なコツコツ型の生徒が上位に来ます。
    >性格が大きく左右するのが高校の成績ですね。
    良い表現ですね!!
    まさにそのとおりだと思います
    >亀には勝てませんね。
    こつこつ型が力を発揮してくるんですよね!!
    目標をきちんと持って頑張って欲しいですね
    書き込みありがとうございます♪♪

  4. (カメ)

    横尾けいすけさん
    おはようございます
    >高校生の時にこの“事実”を知った方はラッキーですね!
    ですよね!!
    こんなことを踏まえて戦略を考えて欲しいですね!!
    >常日頃、大汗をかいていると。汗がサラサラになるのです。
    汗を悪く考えるのではなく良い方に解釈することがコツなんですね!!
    さすがけいすけさん!!
    汗をかく前提で対応するべし!!  ですね
    早速試してみます
    書き込みありがとうございます♪♪

  5. 人間辛抱

    本当に大変ですね。

関連記事

新着記事