塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

夫婦の性格の不一致を改めて感じた瞬間^^

私は今コーチングを学んでいます

そこでコミュニケーションの傾向を学びました。

みなさんは感情表現が豊かだったり、身振り手振りが多い方だと言われる方でしょうか?
俗にいう明るいタイプでしょうか?

それとも感情表現が少なく、身振り手振りも少ない方でしょうか?
俗にいうクールなタイプでしょうか?

一概にこれだけのことですべてを判断することは出来ないのですが
もし、前者の場合は人にフォーカスした発言が多かったり人にこだわる場面が多かったりします。

逆に後者の場合は事柄にフォーカスする場合が多いのです。

例を挙げると愚痴を言う時でも前者の場合は
「あの人は~~」「あの人が~~」といったように
人を中心に考える傾向があります。

逆に後者は「あの時にあれが~~」「この部分がああなって~~」というように
事柄を中心に考えていく傾向があるのです。

このような傾向は良い悪いというわけではなく違いがあるということなのです。

それを理解していないとコミュニケーションが取り辛くなるのです

我が家の場合は私は前者なのに対し私の妻は後者です。

私は前者なので人間的なかかわりを多く求める傾向にあります。
もっと言葉で褒めてほしいと思ったりしているのです。

それに対して妻は事柄に意識が向いていますので私の行動に対して指摘を良くしてきます。
そこに私が不満を持ってしまうといった具合です

また、逆に私は言葉で優しい言葉をかけたりしているつもりなのですが
行動が伴っていないので妻はそこに不満を持っているのです。

私たちは自分がして欲しいことを相手にすれば相手は喜ぶと思ってしまいがちですが
相手はそのようには受け取ってくれません

妻は一生懸命私の身の回りを綺麗にしようと頑張っているのですが
それは私にはあまり伝わらないのです!!

今日はこんなことがありました。

私の妻は事柄に意識が向いていますので
去年庭の剪定を一人やったとぶつぶつ愚痴を言っていたのです。

何回も耳にしていてとても気分が悪かったので、
今日は私が妻が仕事に行っている間に終わらせたのです。

これで、今年は愚痴を言われなくて済むぞ~と思っていたのです。

それがどうでしょう?

妻が帰ってきてびっくりしました。

どうなったと思いますか?

なんと妻は最近見たこともないような笑顔で喜んでくれたのです^^

本当に驚きでした!!

去年、私は妻が剪定したと言った時にありがとうとは言いましたが
そこまで嬉しくはなかったのです

しかし今回はどうでしょう?

妻の喜びように改めて人というのは自分の物差しで考えてはいけないなあと感じる とともに
人の多様性というものを知る必要性があるなあと感じました!!

妻は事柄に執着するのでもっと私はそのことを理解しないといけないし
妻の価値観は事柄の方に重きがあるのでそれを自分の枠組みで要求するのも酷なことだと感じました。

身近な夫婦でさえこれだけの差があるのですからそのほかの人間関係ならなおさらです。

今日は、そんな意味で本当に収穫の多い一日でしたし
妻の心からの笑顔が見れてとても嬉しかったです!!
DSC_0062.jpg

今日は妻も終始ご機嫌でビールも奮発してプレミアムモルツでした^^
DSC_0061.jpg

ちなみに肉も極上牛肉とホルモンで^^

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校 福岡大学付属大濠高校

糸島高校 若葉高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 横尾 けいすけ

    僕も、以前は父と、今は母とのコミニュケーションで疲れます。
    なぜ、近い人ばかりなのかと考えると、縁を切れないからなのです。親と同じくらい不愉快な人は居るけれど、最後には絶縁出来ます。しかし、親とはなかなか出来ません。
    それはそれで、縁だと思うのです。
    大切にしたい縁ですね。

  2. 米森真一

    横尾 けいすけさん
    おはようございます!!
    >僕も、以前は父と、今は母とのコミニュケーションで疲れます。
    >なぜ、近い人ばかりなのかと考えると、縁を切れないからなのです。親と同じくらい不愉快な人は居るけれど、最後には絶縁出来ます。しかし、親とはなかなか出来ません。
    >それはそれで、縁だと思うのです。
    >大切にしたい縁ですね。
    本当にそうですよね~
    関係性の問題で家族とのコミュニケーションは一番難しいといわれています
    だからこそ自分を成長させるとも言えますね♪
    一番難しいといわれている夫婦のコミュニケーションですが
    ちなみにアメリカの億万長者の離婚率は極めて低いそうです
    一番難しい夫婦のコミュニケーションをうまく乗り越えられる人にとっては
    ビジネスも簡単なことなのかも知れませんね
    縁であり試練であるのかもしれませんね
    書き込みありがとうございます♪♪

関連記事