塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

  • HOME
  • ブログ
  • 苦手だった質問が出来るようになって偏差値31から西南学院大学に!!

苦手だった質問が出来るようになって偏差値31から西南学院大学に!!

今日は、中学1年の3学期から糸島学習塾YESに通い始めて、見事、西南学院大学に合格した福田柊平君にインタビューしました。福田君は入塾した時は偏差値31だったのですが、それから頑張ってこの春西南学院大学に見事合格し、糸島学習塾YESの講師になった大学1年生です。

黒髪先生(左)米森室長(中央)福田君(右) 福田 西南

Q1.塾に行こうと思ったきっかけは何ですか?

中学1年の3学期に学校の授業に追いつけなくなってきました。自分ひとりの力では出来ないと思い塾に通おうと考えだしました。

Q2.糸島学習塾YESを知ったのはどうしてですか?

チラシをお母さんが見てそれを薦めてくれたんです。

Q3.糸島学習塾YESにしたのはどうしてですか?

もともと人が多いのは苦手だったんです。それに集団のところは厳しいイメージがあったんで・・・・・^^ほかにも個別指導の塾があり、体験授業を受けてみたのですがあまりしっくりきませんでした。しかし、糸島学習塾YESの体験授業を受けてみてとても質問がしやすいのに驚いたんです。今までにない感覚でした。もともと大勢の前では縮こまる性格だったので、質問しようとしていなかったんです。わからなくても聞かないのが当たり前になっていたんです。だから質問できるのがとても新鮮だったんです。それで、最終的には迷わずに決めました。

最初に担当した黒髪先生と福田君 福田2

Q4.糸島学習塾YESに入ってからはどうでしたか?

気軽に質問が出来るので、勉強が少しずつわかるようになってきて、学校の授業についていけるようになってきました。そしてやればできるんだと自信がついてきました。聞かないと学力が上がらないということに気が付いたのです。それからは集団でも質問が出来るようになって、学校でも発表したり質問したり出来るようになりました。自信がついてきたら、今まで苦手だった友達に話しかけることも積極的に出来るようになり、自分から友達に話しかけるようになりました。塾でも新しく入ってきた生徒に積極的に話かけるようになったんです。

Q5.高校でも塾を続けようと思ったきっかけは何ですか?

高校で勉強についていけるかどうか不安だったからです。

Q6.続けてみてどうでしたか?

部活(ラグビー部)との両立はとてもきつかったけど、最終的には高い目標を目指して欲しいという期待に応える事が出来ました。最初は真ん中くらいだった成績が、2年でクラス3番にまで上がり、3年で特進クラスに入ることが出来ました。西南学院大学に合格できたのは、2年の後半である程度の成績を取れるようになったことと、3年の10月の模試で自信がついたことが大きな要因です。高校はこつこつと頑張れば必ず結果がついてきます。

Q7.糸島学習塾YESの良い所と悪い所を教えていただけますか?

良い所は質問がしやすいことです。集団授業が苦手な人も個別だと話しやすいし、楽しく授業が受けられます。また、自分のペースで進めることが出来るので、部活をしてても無理なく両立が出来る所が良いと思います。悪い所は、先生と仲が良くなるのは良い事なのですが、仲が良くなりすぎて先生と生徒の境目がわからなくなってだらける場面もありましたが、その時は先生から愛のむちが飛んできました^^

Q8.糸島学習塾YESへの今後の要望を教えていただけますか?

糸島学習塾YESはとても明るく先生同士のコミュニケーションも非常に良いので、今後は担当以外の先生とのコミュニケーションもとれるようになれば、自習に来た時に誰にでも質問がしやすくなると思います。難しいとは思いますが、自習に来た生徒が全員の先生と顔見知りになれるような塾を目指していって欲しいと思います。

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

関連記事