読解力をつけるために(1)(糸島学習塾YES前原駅前校)

2007年04月25日

先日実施した統一模試で

最も成績が上がったのが国語でした

何故そのような好結果をもたらしたのか

講師達と検証を行いました

その中で出てきた、国語の講師が作った

手作りのプリントを紹介したいと思います

読んでみて私も凄く気に入って

他の教科への応用を考えています

-----------------------------------

その1 基本

・ 問題がなぜその答えになるのか、どうしたら答えを導くことが出来るのか、その解き方や答えに至るプロセス(過程)を理解するように勉強すること。
・ 問題をたくさん解くことは大切だが漠然と解いても力はつかない。何故間違ったかを確認すること。

☆現代文解法のポイント

1 すべての解答根拠は文中にある。(どんな問題にもいえる原則)
2 評論文(説明文)は筆者の立てた筋道(論理)を追っていくこと。

例)
一段落  具体例
二段楽  具体例
三段落  主張
四段落  主張
五段落  主張
六段落  具体例
七段落  結論
八段落  結論

3 筆者の主張は繰り返されることが多い。

例)
A(筆者の主張)
||
A’(具体例)

4 傍線、空所は必ずその前後をチェック。指示語・接続語は要注意。

*この4つの解法を覚えて実際に問題で使う訓練が必要。

----------------------------------

何の教科にも言えることですが

問題を解くこと、問題集を終わらせることを目的化しがちで

本来の目的である「わかる」「何故そうなるのか考える」

の大切さを忘れている場合がが非常に多い気がします

このことを最初にレクチャーすることは

本当に大切なことだと考えます

それをふまえた上で

解法のテクニックに入っているところが

私好みФ

本当に良い仕事をしてくれます

その3までありますのでよろしく!!

最近、国語の重要性を感じているのですが

国語のことを考えれば考えるほど

国語の授業に学年はあまり関係ないような気がしてきました

それよりもテーマ別(興味の対象)でチームを分けるとか

すればもっと楽しいそうな授業ができそうです

国語は奥が深い!!

 

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校 福岡大学付属大濠高校

糸島高校 若葉高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■