塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

  • HOME
  • ブログ
  • YES通信 2014年8月号 VOL15(糸島学習塾YESより大切なあなたへお届けします)

YES通信 2014年8月号 VOL15(糸島学習塾YESより大切なあなたへお届けします)

歴史認識という言葉を知っていますか?

みなさんは歴史認識という言葉をご存知でしょうか?

私がこの言葉を意識しだしたのは、3・⒒の震災からです。この時、改めて日本の良さがクローズアップされましたが、それまでの報道はどちらかというと「日本は悪い国だ」というイメージが強いものでした。

私はわずか3年半ではありますが自衛隊員として国家公務員という身分を経験していましたが、そんな私でさえ、自分の国である日本に対しマイナスのイメージしか持っていませんでした。

唯一持っていたのは工業技術力というものだけでした。歴史に興味のある方は私以上にご存知の方もおいでだとは思いますが、これからの若い世代のみなさんにはぜひ知っておいて欲しい情報だと思い掲載させていただきました。

このような情報は得てして忌み嫌われる情報だと知りつつ敢えて掲載させていただきます。

今、従軍慰安婦の問題が新聞紙上を賑わせています。また、村山談話というものに対してもいろいろと議論をなされているところです。

私は、今までこれらを信じていたわけですが、最近、このようなことについてもっと良く知らねばと反省させられる日々が続いています。

戦後の日本は、敗戦国ということで非常に不利益な条件を戦勝国であるアメリカより押し付けられることになります。

このことは負けたのだからある程度仕方のないことではあります。しかし、第2次大戦における日本の強さをアメリカが恐れるあまり、その後日本が強い国にならないように徹底的に社会システムの変更を強いるのです。

公職追放をはじめ、焚書(ふんしょ)というそれまでの強い日本を築いてきた人や書籍類を一掃したのです。

教育勅語等は今改めて読むと「親孝行は大切」等本当に当たりまえのことしか書いていないにも関わらず、一掃されてしまったのです。

私もまだ勉強中なので、今がすべておかしいと言っているわけではなく、もう少し我々大人が歴史を勉強して、これからの子ど達をそして日本をより良い方向に導かないといけないと感じています。

私は、自衛隊に勤務していた時に遠洋航海を経験したのですが、外国人の愛国心の強さに圧倒された記憶があります。

このようなことがなぜ起きているのか?その意味が最近になってなんとなくわかってきたような感じです。

私たちがこれから生きていく上で一番大切なことは自分を信じることです。そのためには親を信じ、祖先を信じ、そして祖国を信じること、そして誇りに思うことがとても大切だと感じています。

私も歴史の勉強を通じて、日本人で良かったと思うと同時に、親や先祖に対する感謝の気持ちが強くなってきています。

私もまだまだ勉強不足ですが、学んだことは情報発信していきたいと考えていますので、このようなことに詳しい方は是非ご指導いただけると嬉しいです。

性格って変えられるものなのでしょうか?

性格って何でしょうか?性格っていろいろあるなあとは思いながら改めて性格って何?と言われると困ってしまいます。

以前、書籍紹介コーナーで心屋仁之助氏の本を紹介させていただいたのですが、その本にはこんなことが書いてありました。

「性格とは反応であり反応の習慣のことである」と・・・

ですから反応の習慣が変わった時に性格が変わったように見えるのです。(もともとの性質は変わっていないのかもしれません)

お盆休みに久しぶりに中学生の時の同窓会に行ってきました。その時に本当に久々に合った友人がいました。

彼は小学校4年の時に家が火事になり当時2年生だった妹を亡くしてしまいました。聞くところによると彼は窓から先に飛び降り妹が飛び降りるのを待っていたそうです。

しかし、小学校2年生の妹は飛び降りることが出来なかったのだそうです。今だからそのような話が出来たのかもしれませんが、それ以降、彼は周りの我々から見てもわかるくらい性格が変わってしまいました。

このような経験をすると誰しもが性格が変わってしまうのでしょうが、多かれ少なかれ我々はいろんな出来事の中で今の行動パターン(反応の習慣=性格)が形成されていきます。

ただ、我々が知っておかなければならないのは、あくまでも性格とは反応の習慣なので、習慣が変われば性格も変わってくるものだということです。

ちなみに久々に同級生と会うと全く変わっていない人もいれば見違えるように変わっている人もいました。

変わった人を見て、いろいろな経験を経ていろいろな習慣を身につけたのだななあと感心するとともに、これからも良い習慣を身につけてみなさんのお役にたてるよう頑張ろうという意欲が湧いてきました。

誘ってくれた同級生のみんなに感謝です。

書籍紹介 英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄 ヘンリー・S・ストークス著

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄 [ ヘンリー・S・ストークス ]
価格:864円(税込、送料無料) (2016/12/28時点)

 

この本は記事中にも書いた歴史認識を考えるうえで、多くの人に読んでほしい1冊です。

この本はイギリス人の記者が書いた本です。

日本人は、太平洋戦争で戦った相手というとまずアメリカを思い浮かべますが、実はイギリスがこの戦争をきっかけに失ったものは実に膨大だったのです。

著者が子供の頃に地球儀を使って説明されたという栄光の大英帝国の基盤の要はアジアの植民地でしたが、日本の快進撃とともにその数百年の支配が一気に崩れたのです。

ですから当然日本という国はとんでもない国、残酷な国だという先入観を持っていたのです。

そのような著者が仕事を通じて日本の素晴らしさと今の日本人の歴史認識のギャップについて書いた本なのです。

著者は欧米を代表する一流紙の記者であったため、たくさんの有名人に会っていて、その思い出話を披露していることも非常に興味深い内容でした。

特に著者の親交が深かった三島由紀夫については感動したので、生まれて初めてこのお盆に三島由紀夫の小説を読むことが出来たほどです。

 

バックナンバーを見たい方はこちらへ

YES通信

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校

志摩中学校 二丈中学校 福吉中学校

誠和中学校 筑紫女学園中学校 西南中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

糸島学習塾YES 前原駅前校

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事