塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

  • HOME
  • ブログ
  • これからヤバい仕事の見分け方(個別指導塾なのに高くない通い放題の個人塾)

これからヤバい仕事の見分け方(個別指導塾なのに高くない通い放題の個人塾)

今日は私が尊敬しているしんた先生のメルマガで

とても印象的な記事があったので紹介します。

 

同一労働同一賃金に関してです。

 

社員さんと同じ仕事をしているのに

パートだからとかアルバイトだからという理由で

賃金が低いっていうのは本当に可哀想なんですが

それが是正されるのです。

 

ある意味パートやアルバイトの方は

喜んでいる方も多いと思いますし、

経営者の方は困ったなあと

思っている方も多いと思います。

 

私も同じようなことを考えていました。

 

しかし、現実は違うのです。

メルマガにはこう書いてありました。

 

パートさんやアルバイトさんに出来る仕事

というのはある意味誰にでも出来る仕事なので

社員さんの給料が下がっていくと、、、、

 

言われてみると企業も出せるものは

限られているだろうし、将来的には

そのようになりそうですよね。

 

もしかするとロボットでやるようなことに

なってしまうでしょうね~

 

誰にでもできることではなく

自分だけにしかできなようなスキルを

身に付けられる仕事を子供たちには

目指して欲しいですね~

 

 

そのような視点で同一労働同一賃金の行方を

見ていくとおもしろいかも知れません。

 

昔は目の前の仕事を一生懸命に

やればよかったのでしょうが、

これからは何を仕事にするのかを真剣に

考えておかないといけませんよね~

 

ググってみたらこんな記事もありました。

 

是非参考にして欲しいものです。

 

以下転載

—————————————————-

来年4月から「同一労働同一賃金」制度が始まる(中小企業は’21年4月〜)。これは同じ会社で働く正社員と非正規社員の不平等解消を目指したものだ。現在、非正規社員は2,189万人で、雇用者の約4割を占める(’19年11月・総務省)。正社員との格差は給料だけでなく、手当や福利厚生にも広がっているが、今後、どう変わるのだろうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■正社員や非正規社員は賃金が下がることも

まず給料は、同じ会社で同じ仕事内容なら正社員でも非正規社員でも、同じ給料の「均等待遇」になります。仕事内容が違う場合は、違いに応じた「均衡待遇」です。

たとえば同じ会社の正社員店長とパート店長は、仕事内容が同じなら、今後は同じ給料になります。ただ、正社員店長には転勤があり、パート店長は転勤しないなど違いがあれば、違いに応じた給料です。

次に手当は、これまで非正規社員にはほとんどありませんでしたが、今後は、仕事内容と関係なく支給される家族手当や通勤手当などが受けられるようになります。さらに福利厚生面でも、「非正規社員は社員食堂が使えない」などの“差別”が解消されるはずです。

これらを見ると、来年度は非正規社員の給料アップ、待遇改善が期待できると思いますよね。でも、真逆に動く企業があるのです。

日本郵政は、同一労働同一賃金を達成するため、’18年から段階的に手当などを変更しています。

たとえば正社員だけに支給していた住居手当は、最高月2万7,000円でしたが、段階的に廃止します。正社員の年末・年始勤務手当は、年末手当を廃止し、年始手当だけに縮小。アソシエイト社員と呼ばれる正社員以外の方には、4,000円の年始手当を新設します。

配偶者手当は、正社員は月1万2,000円から半減。フルタイムのアソシエイト社員には月4,800円で新設といった具合です。

非正規社員の待遇を引き上げるのではなく、正社員の待遇を下げてそろえるなんて、働くほうはたまったものじゃない。ですが、こうした改悪に追随する企業が、ほかにも出てくるかもしれません。

いっぽう、非正規社員の待遇も改善とはいえない状況があります。

東京新聞によると、人材派遣会社のパソナは’18年6月から、月1万円まで交通費の支給を始めました。ただし、交通費をもらった分、時給を60円減らすというのです。交通費として月1万円増えても、時給が減ることで月収が減ってしまうケースもあるようです。

また、来年度から採用制度が変わる非正規公務員はボーナスの支給が始まりますが、その代わり、月給が減らされる方向に進みます。結果、年収はほぼかわらないか、下がる方もいるといいます。

このままでは、同一労働同一賃金は“形だけ”になりかねません。それどころか、日本全体の給料が下がっていく異常事態が起こることも考えられます。給料を底上げしないと景気もよくならないし、暮らしは苦しくなるいっぽうです。

来年の春闘では、同一労働同一賃金も争点です。注目しましょう。

「女性自身」2019年12月24日号 掲載

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校

志摩中学校 二丈中学校 福吉中学校

誠和中学校 筑紫女学園中学校 西南中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

糸島学習塾YES 前原駅前校

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

新着記事