お子様が学年最下位から大学に合格した浦本聖子様にインタビューしました!!

2013年05月21日

 

浦本母今日は浦本涼平君のお母様である浦本聖子様にインタビューしました。

以前の日記でも紹介しましたが涼平君は中学2年の時は成績が学年で最も低い状態だったそうです。
そこから頑張って高校に進学し、最終的には福岡工業大学に合格を果たしました。

 

本人の頑張りもすごかったのですが私はそれ以上にお母様の愛情に心を打たれました。

経済的にも非常に過酷な環境の中で本人のために、私立高校を選択し、なおかつ卒業後も通わせてくれたのです。その子供想いの気持ちに涼平君は応えてくれたのでしょう!!お母様からは母親の愛情の深さを教えていただきました。

Q1.塾に通わせようと思ったきっかけは何ですか?

今でも思い出すと悲しくなるのですが、涼平が中学2年の時の3者面談で高校は行くところがないと言われたことがきっかけです。涼平は真面目に通学はしていたので定時制高校ならいいのでは?と言われたのですが、それには納得がいきませんでした。涼平は頑張ればやれるのではないかと信じていたのです。

Q2.糸島学習塾YESを知ったのはどうしてですか?

新聞の折り込みチラシを見たのがきっかけでした。

Q3.糸島学習塾YESにしたのはどうしてですか?

涼平は学校の授業についていけてなかったので、学校の授業と同じ集団ではだめだと思っていました。また、面談したら、わからないところから授業が出来ると聞いたので、これなら涼平も頑張ってくれるのではないかと思ったのです。

Q4.糸島学習塾YESに入ってからはどうでしたか?

今までは全くやろうとしなかった勉強を数学だけでしたが、やり始めたのには正直びっくりしました。2年の最後のテストでは通知表の1もなくなりました。さらに数学だけは人に教えたりしているという話を聞きとても嬉しくなりました。涼平は就職しかないと思い込んでいたのに、先生達と話をしているうちにいつの間にか大学進学を意識するようになりました。そして、最終的には福岡工業大学に合格できたことは本当に嬉しい限りでした。しかも、高校の先生には「福岡大学も行けますよ」と言われたのには本当に驚きました。もっと早く塾に通わせていたらどうなっていただろうと時々思ってしまいます^^

Q5.高校でも塾を続けさせようと思ったきっかけは何ですか?

涼平は中学の基礎が出来ていなかったので、高校は中学の基礎から復習をしてくれるという中村三陽高校にしました。そして、本人も塾を続ける気持ちがあったので、塾長が仰るように高校で勉強に目覚めて欲しいと思い、続けさせることにしました。中学の学習は社会に出てからの基盤になるので、最低でも中学の学習だけはマスターして次の進路に進んでほしいと思ったからです。

Q6.続けてみてどうでしたか?

続けたことによって、勉強に自信が出てきました。特に数学は高校でトップクラスの成績になり、物理も非常に得意になりました。そして、大学に進学したいと言いだしたのには本当に驚きました。オープンキャンパスに行ってからは大学も福岡工業大学に行きたいと言いだし、見事、その夢を叶えてくれました。本当に嬉しい限りです。また、最後の数学のテストで100点がとれたことも本当に思い出深いものとなりました。人間、変われば変わるものだとわが子を見て本当に実感しました。これからも、本人の進みたい道に行けるように、常に目標を持って頑張ってほしいと思います。まさか、あの涼平が大学に通い、そして前原駅前校の塾講師になるとは・・・・本当にびっくりです(^^)/