YES通信 2017年2月号 VOL45(糸島学習塾YESより大切なあなたへお届けします)

2017年02月15日

習い事で非認知能力を伸ばせば高収入に繋がる?

16708599_1796193340641832_8184933882097305641_n

 

 

 

 

 

 

 

 

二月十一日号の東洋経済に「食える子を育てる」という特集が組まれていたので買ってみました。その中に「習い事で非認知能力を伸ばせ」というタイトルで記事がついていました。この記事には、習い事で培われる非認知能力を伸ばせば、高収入になる確率が高まると書いてありました。

でも、非認知能力とはいったい何なのでしょうか?認知能力とは下の図に書いてあるように学力や記憶力等、認知しやすい能力のことです。これに対して非認知能力とは認知しにくい意欲や忍耐力、勤勉性、思いやり等のことを指します。

非認知能力

 

 

 

 

 

 

私達は通常、能力というと認知能力の事を考えがちになりますが、実際、学力など認知しやすい能力だけでは世の中上手くいかないということは大人であればみなさんご存じのことだと思います。

そこで登場するのが、忍耐力や意欲など認知しにくい非認知能力だというのです。この非認知能力は 習い事を継続することによって育まれるそうです。何を習うのかという事よりも継続できたかどうかが重要なのだそうです。

コロンビア大学の研究チームの調査では、習い事や地域活動といった課外活動を2年間以上続けた人の方が、1年しか続けなかった人よりも、より高い学歴と収入を得ていたとのことでした。また、2年以上続けた人の中でも、習い事などにかける週当たりの時間が長い方が、より高い結果を示したそうです。

最近注目されている書籍「GRIT」(邦題=やり抜く力)もこの非認知能力についてわかりやすくまとめたベストセラーらしいのですが、この著者であるダックワース教授も何らかの活動を長期間かけてやり抜くことはそれ自体に忍耐力が求められ、将来のやり抜く力も育むと述べられているとのことでした。習い事は継続することが大事なのです。

さらに、東京大学の研究では非認知能力の中でも特に勤勉性とまじめさ、忍耐力の高さが、所得の高さとの相関が高かったとのことでした。

YESでもそろばんをやっていますが。最低3年3級までは頑張って取得することで、非認知能力はかなり高まると信じています。習い事は始める事よりも継続することが重要なのです。そのためにも習い事選びは慎重にしたいものですね!

しかし、昔の人は石の上にも3年とか良く言っていましたが、とても的を射た言葉だと思います。私の周りにはこのようなしきたりを口にする方が多いような気がしているのですが、とても良い習慣だと感じています。何事もやり始めてすぐに結果が出ることは少なく、続けることで次第にできるようになって来たり、腑に落ちてきたりするものなのです。

勤勉さやまじめさ、忍耐力は仕事をする上では非常に重要なファクターであることは当然のような気もしていましたが、それをデータで示されると改めて重要な要素であることが再認識できました。

学校の勉強と習い事を両立することには、相当な苦労を要しますが、その苦労を乗り越えることで、多くの得られるものがあることがわかると、より一層モチベーションも上がりそうです。

ブスの二十五か条  宝塚歌劇団 伝説の教え

宝塚歌劇団に「ブスの二十五か条」という伝説の教えがあるそうです。宝塚歌劇団といえば女性なら誰もが憧れる学校ではないでしょうか?しかもその合格の難易度は、ある意味東大以上の難易度なのではないかと私は思っています。

1112_takaraduka

なぜそこの教えをわざわざ取り上げるのかというと、最近ではこの「ブスの二十五か条」を普通の会社でも掲示しているところが増えてきていると聞いたからです。中には従業員が男子だけの会社なのにこの教えを掲示しているところがあるそうです。

内容を見ていただくとお分かりのとおり(塾の生徒にはお渡ししていますがそろばんの生徒には渡しておりませんのでこちらを印刷していただけると嬉しいです。)、女性だけに限らず、人として重要なことがこれには盛り込まれているのではないかと思います。誰しもが、これはしてはいけないことだと頭では理解できるのではないでしょうか?しかし、実践できているかどうか?というと出来ていないことも多々あるのではないでしょうか?

宝塚で、この教えを伝説の教えとしているのは、この教えを行動レベルで実践できる人財を育てようとなさっているからなのではないかと感じた次第です。わかっている人を育てるのではなく実践できる人を育てるのが宝塚歌劇団なのかと改めてその志の高さに感心したのです。

この教えを多くの企業が取り上げているのには他にも理由があると思うのです。今年に入ってからYESでは授業開始前に号令を始めました。授業開始の際に私や教室長が一言話をしてから授業を始めるというもので、一週間同じテーマで話をさせて頂いています。目的は授業のメリハリをつけるためで、集団塾の良さを取り入れようと始めました。そこでとても面白い出来事があったのです。

号令は塾の方で実施している事なので、そろばんの小学生は知らないはずなのに、そろばんを習っている小学生が「ブスの二十五か条」をくださいと言ってきたのです。詳しく話を聞くと学校で塾の授業を受講している生徒から話を聞いたのだそうです。まさか口コミで伝わっているとは思いもよりませんでした。中身については全部は読めないので、難しいと言っていたのですが、ネーミングが良いので興味を持ってくれたみたいです。ネーミングって大事なんですね~実際にこれが「美人になるための二十五か条」だったら興味を持ってくれるでしょうか?

そしてやっぱり、みんなが憧れる宝塚歌劇団の教えだということも重要なのでしょう。これら二つの要素がある事で、一回聞くと忘れない教えになっています。

是非この機会にみなさんの行動も点検してみてはいかがでしょうか?私も不備だらけだったので、心を入れ替えて実践できるように精進したいと思います。

書籍紹介  幼稚園では遅すぎる  井深大著

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幼稚園では遅すぎる新装版 [ 井深大 ]
価格:616円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)

ソニーの創業者である井深大が、自ら取り組んできた乳幼児教育研究のまとめとして1971年に出版したものである。

井深氏が会社経営と並行して幼児教育に全力を注がれていたことにも驚いたのですが、その本がいまだに改定され読み続けられていることにさらに驚かされました。

「幼児の可能性は3歳までに決まってしまう」と聞くとかなりショッキングなのですが、読んでいくうちに思わず引き込まれてしまいます。

日本の将来のために、子どもたちの未来のためにもっとこのようなことを広めていく必要性を感じた本です。

子どもの性格や才能を遺伝と決めつけるのではなく全員に希望の光を投げかけている本なのです。

では乳幼児にどのように接したらよいのか?という疑問を持つ親たちに対して、幼児の能力を最大限に伸ばす育て方と環境づくりをわかりやすく説明してくれています。

ただ、この本が書かれた時代は、子育ては母親の役割であるという考え方が主流であった時代です。

なので、この本に書いてある事を踏まえ、子育てを夫婦で家族でそして地域で支え合うことが出来れば、これからの日本も益々栄えていくのではないかと感じました。

私達の子どもの将来を支えていくのは、これから新しく生まれる子供たちなのですから・・・・・

 

 

バックナンバーを見たい方はこちらへ

YES通信

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校

志摩中学校 二丈中学校 福吉中学校

誠和中学校 筑紫女学園中学校 西南中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

糸島学習塾YES 前原駅前校

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■