塾長Blogブログ

塾や、学校教育情報などお知らせしていきます。

  • HOME
  • ブログ
  • 子どもの人口が減ったら先生を単純に減らすというのはいかがなものか?

子どもの人口が減ったら先生を単純に減らすというのはいかがなものか?

2015 糸島学習塾YES 前原駅前校 定期テスト対策実施中

~正しい学習法を身につけ、確実に成績を伸ばす春~

人が頑張らない時に頑張り、スタートダッシュで差をつけましょう!!

「入会する前に、YESの授業を受けてみたい!」と言う方のために、
1か月無料キャンペーンを実施いたします。

ご希望の方は、教室までお気軽にお問合せ下さい。
また、教室の前にはパンフレットがございます。
こちらもご自由にお持ち帰りください。

————————————————————————————–

福岡県糸島市で、小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

こんにちは。
塾長の米森です!!

以下のようなニュースを見かけたのですが、
教職員を減らすよりもまだ他に減らすところが沢山あるような気がしています。

以下引用開始
———————————————————————————–

小中学校の教職員、今後10年4.2万人削減可能 財務省試算


  財務省は公立の小中学校の教職員数を今後10年間程度で約4万2000人減らせるという試算をまとめた。少子化で学級数が減るためで、教育の質も維持できるとみている。ただ文部科学省はきめ細やかな教育が必要として少人数学級の推進を目指しており、試算に反発するのは必至だ。

 財務省が11日に開く財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で試算を示す。現在の教職員数は約69万人。試算に沿えば、財務省は今後10年間程度で6%減らすように求めることになる。教職員への給与の支給総額を抑え、財政再建に役立てる狙いがある。

 財務省は学級数に応じて教員数が決まる「基礎定数」といわれる教員枠は、少子化で約3万8000人減らせると試算する。この枠とは別に、少人数指導などを実施するための「加配定数」という教員枠について約4000人の削減を求める。財務省は少人数学級が子供の成績向上に必ずしもつながっていないとみているためだ。

 財制審は社会保障や地方財政などの各分野で、歳出削減の具体策を提言する。政府は20年度までの財政健全化計画を6月末をめどにまとめる方針で、財務省は財制審の議論を財政計画に反映させたい考えだ。麻生太郎副総理・財務相は5月末をめどにまとめる財制審の建議を経済財政諮問会議に報告する見通しだ。

———————————————————————————-
以上引用終了

私の塾では前原西中学校に進学予定だった南風小学校の生徒が
百道中学校の校区に引越ししていきました。

最近、前原西中学校が荒れているので
通わせたくないという保護者の方が増えてきています。

国もそうですが糸島市でももっと人的投資をしっかりとして欲しいと思っています。

新しく市庁舎を立て替えるという話もありますが、
学校がこんな調子では糸島市の人口増は絵に描いた餅だと思います。

教育は住環境の中でもとても重要な要素を締めていますので
学級崩壊が起こっているような校区にこのんですむ人はいないでしょう。

本当になんとかして欲しいです。

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事