大学の卒業要件厳格化

2015年01月14日
IMG_1194

 

 

 

 

 

 

 

 

2014 糸島学習塾YES 前原駅前校 定期テスト対策

~正しい学習法を身につけ、確実に成績を伸ばそう~
 
2月に行われる学年末テストの対策を行います!
今年はeトレも試験的に導入しています。

「入会する前に、YESの授業を受けてみたい!」
と言う方のために、
1か月無料もしくは定期テスト対策無料体験キャンペーンを実施いたします。

ご希望の方は、教室までお気軽にお問合せ下さい。
また、教室の前にはパンフレットがございます。
こちらもご自由にお持ち帰りください。

————————————————

福岡県糸島市で、小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

こんにちは。
塾長の米森です。

今日の新聞にこのような記事が掲載されていました!!

日本の大学は入るのは難しく卒業するのは簡単という批判があるのですが、その卒業要件を厳格化するという記事です。

以下ガジェット通信より引用開始

————————————————————————————————-

大学の卒業要件を厳格化。質の高い学生を輩出する狙い

大学教育改革の一環として、5~6年後から大学入試制度を大きく変更する答申が昨年末に提出されました。これに続いて今度は、大学の卒業要件を厳格化する方針と報じられています。日本の大学は「入ってしまえば出るのは簡単」などといわれ、アメリカなどに比べて日本の大学生は勉強しないと批判されることが多いことから、安易な卒業を認めないことで社会のニーズに応える質の高い学生を世に出そうという狙いです。

これに対して「高校まで受験勉強で遊ぶ暇もなかったのだから、大学ではゆっくりしたい」「現状のまま制度上だけ厳しくすると大量の留年、退学者が発生する」として厳格化に反対する声が一部にある一方、「日本の大学生は遊びすぎ」「4年間、無為に過ごしても卒業できるのはおかしい」などと、文科省の方針は概ね妥当であると賛同する声が多いようです。

日米双方の大学で学んだ私自身の経験から言えば、確かに日本の大学生と比べてアメリカの大学生は勉強と遊びのメリハリがはっきりとしています。平日は図書館が座る席もないほど一杯になりますが、週末は図書館で勉強しているのは大量の課題に圧倒される英語のできない留学生だけで、ほとんどのアメリカ人学生はパーティをしたり実家へ帰ったりと、試験前を除いて勉強しないのが一般的です。

「卒業」の要件はすべて個々人の判断に任せて自由にすべき

しかし、誰もが同じように4年間きっちりと勉強して無事に卒業証書を手にすることが、本当に社会のニーズに応えることなのでしょうか。

社会に最も近い教育機関である大学へ通う目的が、将来就きたい職業に合わせて専門的な知識を学ぶことであるとすれば、勉強は3年で十分という職業もあれば、同じ職業でも勉強に5年かかる人もいるなど、本来、仕事の内容と学生の能力により「何をどれだけ学ぶべきか」は千差万別なはずです。

ですから、「大学は高校卒業後すぐに入って4年で卒業するもの」と一律に規定することは不自然であり、卒業する・しない、何年かけて卒業する、など「卒業」の要件はすべて個々人の判断に任せて自由にすべきです。また、大学を中退して社会に出ても再入学できるようにしたり、高校卒業後も勉強を続ける意欲のない人はいったん社会に出て、仕事を続ける上で知識や技能を学ぶ必要が生じた時点で大学へ入るなど、大学を個人のキャリアパスやライフスタイルに合わせて生涯いつでも出入りできるようにするのもひとつの方法でしょう。

具体的な学習履歴によって採用の是非を判断するよう産業界に期待

産業界から「大学は社会のニーズに合う人材教育をしていない」という批判の声が上がるのをよく聞きます。しかし、採用にあたって、大学で何をどれだけ学んだのかということがどの程度まで考慮されているのか疑問です。むしろ下手に大学で頭でっかちな人間を育てられるよりも、純粋無垢で企業が好きなように色を染められる人材が好まれる傾向があるのではないでしょうか。

卒業証書という紙1枚ないとエントリーさえできないという採用制度を改め、企業ごと、部署ごと、または職種ごとに必要となる知識・技術・要件を明示して、大学卒業という形式ではなく、具体的な学習履歴によって採用の是非を判断するよう産業界には期待します。

—————————————————————————————–

以上引用終了

私の個人的な見解としては、果たして企業が新卒者に対して具体的な知識や技術というものを求めているのか?ということが疑問だと思っています。専門的な技術や知識を持った人は中途採用や専門学校でも十分でしょうし、大学が専門学校のようになる事にも危惧を感じています。

日本では技術要件や職能が外国に比べて明確でないという批判を耳にしますが、決して日本の技術は低いわけではありません。逆に会社に入ってから一番人材を育てているのは日本の企業ではないかとも感じています。

案外、この曖昧なところに日本の良さや強さがあるような気がしています。

大学では同じ分野に興味や志を持っている仲間が集まりそこで集まった仲間たちと人脈を作ったり喧々諤々議論を交わしコミュニケーション能力を高めることが大事なことなのだと感じています。学んで得た知識や技術も当然大切なのですがそれ一辺倒になる事の怖さや、その基準を国が主導して決めていくことの怖さがを感じるのは私だけでしょうか?

もっと自由な発想で大学自体がユニークで個性的な人材育成ができる環境を作って欲しいものです!!

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校 福岡大学付属大濠高校

糸島高校 若葉高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■