英語の勉強の仕方を変えなきゃね(大学入試、脱「受験英語」へ…英検など利用拡大)

2015年07月01日

2015 糸島学習塾YES 前原駅前校 もうすぐ夏期講習

~苦手分野の復習をして、得意科目をつくる夏~

苦手な科目がっても夏期講習でしっかり復習をすれば苦手科目も得意科目になりますよ~

「夏期講習の前に、YESの授業を受けてみたい!」と言う方のために、
1か月無料キャンペーンを実施いたします。

ご希望の方は、教室までお気軽にお問合せ下さい。
また、教室の前にはパンフレットがございます。
こちらもご自由にお持ち帰りください。

- - - - - - - - ― - - - - - - -

福岡県糸島市で、小学生・中学生・高校生のお子様をお持ちの保護者様へ

こんにちは。
塾長の米森です。

今日はこんな記事を見つけたので紹介したいと思います。

以下引用開始
————————————————————————————————-
大学入試、脱「受験英語」へ…英検など利用拡大  読売新聞より

国公私立大学の一般入試で、実用英語技能検定(英検)など民間英語テストの利用が広がっている。

成績が一定レベルであれば英語試験を満点とみなして免除したり、英語試験の点数に加算したりする。文法・読解中心の受験英語から脱却し、実践的な英語力を問う方向の表れで、文部科学省も導入を促している。

民間テストは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランスよく取り込み、より実践的とされる。大手予備校・河合塾によると、今春の入試までに民間テストを取り入れたのは27校。来春の入試については、5月末時点で青山学院大や東京理科大など9校が新たに導入を決めており、さらに増える見込みだ。

関西学院大では2016年度から、米国などの大学で留学生選抜に使われるTOEFL(120点満点)で72点以上、英検で準1級以上などの成績を収めていれば、大学入試センター試験を利用した入試で英語を課さない方式を全学部で始める。立命館大の国際関係学部では、300点満点の英語試験を課すが、このうち100点分は民間テストの成績に応じて80~100点とみなす方式を導入する。
————————————————————————————————-
以上引用終了

うちの生徒で糸島高校の3年生がいるのですが山口大学を目指しています。

その生徒は英検の2級を持っているので二次試験で10点加算されることになります。

準1級だと30点も加算されるのです。

今後もこの傾向は続くと思われます。

私の感覚では今後英語は英検やTOEFL、TOEIC等の得点で
入試が左右されるようになるのではと考えています。

なのでYESでは英検等が受験できるような体制も
今後は整えなければならないと考えているところです。

以前は生徒数の関係でなかなかこの領域には踏み込めなかったのですが
最近では生徒数も安定して増えてきているのでようやく視野に入りつつあります。

理想は英語は入試前に勉強しないというのが私の目指すところです。

小さいうちから英語を勉強して英検等を取得してそれ相応の力を
中学3年までにつけておくというのがこれからの在り方だと考えています。

今はそろばんを幼児教育として取り組み始めた段階なのですが
今後は英会話等も初めて中3ではある程度の
英会話力をつけさせておくというのが私の考えです。

このような取り組みを大学もしてきていますので
それに応じた対応を出来るようにしていきたいです。

これからは益々個別指導が力を発揮する時代になりそうです(^^)/

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校 志摩中学校

二丈中学校 福吉中学校 誠和中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■