YES通信 2014年2月号 VOL9(糸島学習塾YESより大切なあなたへお届けします)

2014年02月15日

お金の勉強はなさってますか?

今回はちょっと目線を変えてお金の話をしたいと思います。「お金の話をするのは、はしたない。」なんて思っていらっしゃる方もおいでだと思いますが、そこはちょっとだけ我慢して下さいね。

実は私もお金の話なんてあまり興味がなかったのです。

でも、今では縁あってお金のことをほんの少しですが理解できて、本当に良かったと思っていますし、子供たちにも早いうちから知って欲しいと思っている知識なのです。

私がこのままではいけないと思ったのはある方からの一言がきっかけでした。

それまで私は「資産運用はお金持ちの人がするもの」とか「ギャンブルのようなもの」「損をするようなもの」と思っていたのです。

しかし、「あなたも円にすべて投資しているじゃないですか?」という質問で「あっ!」と気がついたのです。

その人から見たら私は全額を円に投資している馬鹿な投資家に見えたのでしょう。

実際、この1年足らずの間に円の価値は20%以上下がっているのです。

そこで私が思ったのは「知識っていうのは大切だなあ~」ということです。

知っているか知らないかで大きな差になってしまうからです。食わず嫌いではなくもっと現実を見ていきたいと感じた瞬間でもありました。

学ぼうというアンテナが立つといろんなつながりがあるもので、以前、お付き合いさせていただいていたファイナンシャルプランナーの久保さんという方が業界では有名な方だったのです。

世の中は狭いですよね。そして、改めて運がいいなあと感じています。

久保さんのお話をお伺いしていたら、以前久保さんからご紹介いただいた保険がお宝保険ということで雑誌に掲載されていることや、資産を形成されてる方には普通のサラリーマンも多いと知りました。

「資産運用は資産が貯まってから」という考えは「ダイエットは痩せてから」に等しいとのことです。私の時代は、社会人になって先ずは車を買い、マイホームを持つのが夢でした。

しかし、資産を形成する人はお金を貯めて運用して、その利回りで車や家を買うそうです。

私には年齢的にこのような夢は叶えられませんが、若い方や子供たちには同じ間違いをして欲しくないと考えています。

もし、資産運用に興味を持った方は久保さんを紹介しますので声をかけてください。

今話題になってるNISA(少額投資非課税制度についても分かりやすく説明して頂けます。

信頼関係を最短で築く技術をお伝えします

コミュ二ケーションの用語にラポールというのがあります。フランス語で「橋をかける」という意味で、相手と自分との間に橋が架かっている状態、すなわち、心が通じ合い、互いに信頼し、相手を受け入れている状態を指します。

ラポールが築けていない状態で、いくら指示や命令をだしても逆効果になるばかりです。そこで、私達のような対人関係の仕事をしている人にとっては、いかに短時間でラポールが築けるのか?というのが成功の鍵になります。

私もそんなに得意ではなかったのですが、このスキルを学んでからはあまり苦労することが無くなってきました。

先ず第1のステップは相手との共通点を探すことです。

これはみなさん無意識にやられていると思います。人によっては違いにばかり目が行く人もいるようですが、先ずはなんでもいいので、共通点を探しましょう。

心理学には類似性の法則というのがあり、類似したものが多いほど仲良くなりやすいのです。特に価値観が類似するとその傾向は高くなります。

第2のステップはペーシングといって相手の話すスピードや声の大きさトーンを合わせるスキルです。親子であっても話すスピードが全然違いますが、あまり意識をしていない人が多いものです。

仕草を真似るミラーリングというスキルもあり、相手が安心する関係を作ることが大切です。

そして第3のステップがビジョンに共感するということです。

相手の夢ややりたいことに共感することはラポールを築く上でとても大切なことなのです。YESの先生たちが何故好かれるのか?素直に生徒の目標や夢に共感しているからです。

早速、皆さんもこのスキルを家や、職場で活用してみてください。

コミュニケーションはスキルです。くり返し使ってみてくださいね!

書籍紹介 子供が「やる気」になる質問 マツダミヒロ, 本間正人著

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもが「やる気」になる質問 [ マツダミヒロ ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/12/29時点)

 

私がこの人のようになりたいなあ~と思っている質問家のマツダミヒロ氏とコーチングの第一人者である本間正人氏がお書きになった本です。

命令で起こした行動は長続きしませんが、質問で起こした行動は長続きします。

子供だけではなく、仕事にも使える質問が盛り沢山なので、自分で行動を起こせないお子様や部下に悩む方には最適の本です。

何故、マツダ氏のファンなのだろう?自分なりに考えました。

本当に普通の人なのです。質問以外は・・・・・・

私はマツダ氏がかけ出しの頃(10年前)にセミナーに参加させていただきました。

その当時のセミナーはカリスマ性のある人が教えるという学校形式のセミナーが主流でした。

そこで見たマツダ氏は本当に普通の人だったのです(^^)/

あれから10年、質問家というブランドを確立され「質問」だけで大成功を収められたのです。

 

 

バックナンバーを見たい方はこちらへ

YES通信

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

南風小学校 東風小学校 前原小学校 前原南小学校

加也小学校 引津小学校 長糸小学校 加布里小学校

前原中学校 前原西中学校 前原東中学校

志摩中学校 二丈中学校 福吉中学校

誠和中学校 筑紫女学園中学校 西南中学校

修猷館高校 城南高校 筑前高校 早稲田佐賀高校

福岡大学付属大濠高校 糸島高校 玄洋高校 若葉高校

糸島農業高校 西南学院高校 福岡有朋高等専修学校

に通われている方が通塾しております。

無料体験授業は、随時可能です。
お気軽にお問合せください。

糸島学習塾YES 前原駅前校

フリーダイヤル 0120-4119-86(よいじゅくーはろー)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■